県外からも廃車

県外からも廃車引取り

不要になった車両を廃車に出すことを検討している場合、近くの業者に全て依頼するという人が少なくありません。廃車に出すときの車両の持ち込み先としては、最も数の多いディーラーや中古車販売業者のところが多いです。確かに、こういったところはあちこちに拠点があるので持ち込みがしやすいですし、書類関係の手続きも代行してもらえますので、手続き的には最も簡単です。ただし、こういったところには医者予定の車両を持ち込んでも、最終的にはここから解体業者のところに車両を移しますので、仮にまだ使える部品やパーツなどの価値のあるものが残っていた場合でも、費用の値引きなどは期待できません。

したがって、費用としては最も甲が苦になる可能性が高いと考えておいた方が良いでしょう。
次に多いのが、解体業者への直接の持込です。この場合には、廃車に出す前に部品やパーツなどを買い取ってくれる業者もありますので、費用がいくらか安くなることがあります。

その代わり、廃車に必要な登録抹消手続きなどの書類業務を代行してくれるところばかりではありませんので、持ち込み先によっては自分で手続きをしなければならないことがあります。解体業者の工場まで直接持ち込みますので費用はある程度安くできますが、その分手間がかかる可能性があることも念頭においておきましょう。

なお、自分で書類作成の手続きをすると、本来は1万円近くかかる手数料が数百円ですみますが、手続きが煩雑で、自分で直接陸運局や軽自動車検査協会などに持ち込まなければなりませんので、忙しい人にはあまりおすすめできません。

意外と見落とされがちなのが、廃車ではなく買取に出すという方法です。買い取り業者というと、使える車両だけを引き取っているイメージがありますが、部品などを専門に買い取ってくれる業者も多く、県外から出張旅費を業者負担で見積りに来てくれるというところも多数あります。

また、走行距離が長かったり年数がかなり経過している車両でも、県外の買い取り業者の中には積極的に引き取ってくれるところが見つかる可能性がありますので、一括見積りサービスなどを利用して、業者を広範囲で募ってみるとよいでしょう。この方法ならば、登録抹消の手続きなどをする必要がなくなりますし、解体費や書類作成代行手数料などを別途負担することもなくなりますので、車両の処分を行うという共通の目的の中でも、最も負担が軽いといえます。

最近の投稿

Copyright©2015 廃車買取を考えてしっかり手続きを踏む方法とはAll Rights Reserved.