廃車を再登録

廃車を再登録する手続きの準備をしましょう

廃車の手続きには、二種類あります。永久抹消登録と、一時抹消登録です。永久抹消登録は解体した車に行うもので、二度と公道を走らない車に用いられます。一方、一時抹消登録は、一時的に車を使用できない状態にする事です。この申請を行った車は、「中古新規登録」を行う事で、廃車の状態から再び公道での使用ができるようになります。

中古新規登録は、一時抹消登録を行ったナンバープレートがついていない廃車を再登録する手続きです。登録の申請を行う場所は、普通自動車なら各地方にある陸運局、軽自動車なら各地方にある軽自動車協会で行います。

中古新規登録を行うためには、陸運局や軽自動車協会へ車を持ち込む必要があります。しかし、ナンバープレートのない車が公道を走る事はできません。そこで、まずはじめに、仮ナンバーを申請しなければなりません。陸運局や軽自動車協会へ、必要な書類を揃えて申請に行きます。ここで掛かる費用は、750円です。

仮ナンバーが発行されたら、中古新規登録の手続きを行うために必要な書類を用意します。一時抹消登録証明書や自賠責保険証明書、重量税納付書の他に、印鑑証明書や印鑑、警察署で発行してもらう車庫証明書等が必要になります。また、当日になったら陸運局や軽自動車協会にある申請書や手数料納付書に記入をします。最後に、車検を受ける必要があるので、事前に済ませておくか、当日に陸運局や軽自動車協会で手続きをしましょう。

全て用意ができたら、中古新規登録の申請を行います。費用は、申請書代100円と登録手数料700円、ナンバープレート代で約2000円、その他各種自動車に掛かる税金分です。また、申請の前に、自賠責保険料も忘れてはいけません。書類等に不備がなければ、正式なナンバープレートを発行してもらえます。これで、廃車を公道で走らせる事ができるようになります。

一連の手続きで忘れやすいのが、自賠責保険への加入です。仮ナンバーを発行してから中古新規登録の手続きを行うまでの間に公道を走る事になります。確認しておきましょう。また、自賠責保険だけでは心配な場合は、併せて任意保険へも加入しておくと良いでしょう。

廃車を公道で走れるように再登録するためには、いくつかの手続きが必要です。漏れやミスがあれば、何度も申請に行かなければならなくなり、申請が受理されるまでの時間が掛かってしまいます。登録に不備が無いよう、一つ一つ確実にこなしていきましょう。

最近の投稿

Copyright©2015 廃車買取を考えてしっかり手続きを踏む方法とはAll Rights Reserved.