廃車の手続き

廃車の手続きで戸籍謄本を必要とするのは

廃車手続きはたいていは車屋さんに依頼すれば、自分がすることはほとんどありません。代理でしっかりと手続きをしてもらうことができます。しかし自分で廃車の手続きをする場合はいくつか準備しなければいけない書類があります。そうはいっても難しいものではありませんので、時間に余裕があれば自分で行うのも良いです。

廃車手続きでは軽自動車かそれ以外の自動車かで用意する書類が少し違います。共通しているのはナンバープレートと車検証、印鑑などです。廃車の手続きには永久抹消手続きと一時抹消手続きがあります。一時抹消手続きはその名の通り、一時的に車の使用をしない時に行います。車の盗難にあった時などもこの手続きをします。永久抹消手続きは車を二度と使えないように解体してしまった時に行います。また災害などで車がどこへ行ってしまったかわからない時にもこの手続きを行うことになります。

永久抹消手続きの時にはお店に依頼するならナンバープレート、車検証、発行日から3か月以内の所有者の印鑑証明書、押印のある所有者の委任状、移動報告番号と解体完了日のメモです。自分で手続きする時にはこれらに加えて手数料納付書、永久抹消登録申請書及び解体届出書、自動車税と自動車取得税の申告書です。ナンバープレートをなくした時には理由書を提出し、災害などで車の行方がわからない時は移動報告番号などの代わりに罹災証明書を出すことになります。

車検が1か月以上残っている時には重量税が還付されるので手続きをしておくといいです。その時に必要なのは還付金を受け取りたい金融機関の口座の番号や印鑑、還付金の受領権限に関する委任状、代理人が申請する場合は代理人の印鑑も必要です。廃車する車の車検証に記載されている住所や名前が印鑑証明書と違っている時には住民票や戸籍謄本が必要になりますので、前もって準備が必要です。いずれも発行日から3か月以内のものとします。戸籍謄本は車検証記載の氏名から現在の印鑑証明書に記載されている氏名への変更が記載されたものが必要です。戸籍謄本は戸籍がある本籍地の窓口か郵送による取り寄せをすることができます。戸籍謄本とは戸籍にある全ての記載事項を写したもので、1部につき450円程度が手数料としてかかります。

自動車が盗難された時はナンバーと車台番号のメモ、申請者の身分証明書、請求理由を記入した登録事項等証明書交付請求書が必要です。ナンバーが不明の時は車台番号を全桁記載することで請求ができるようになります。

最近の投稿

Copyright©2015 廃車買取を考えてしっかり手続きを踏む方法とはAll Rights Reserved.